前へ
次へ

アレルギーを緩和するには腸内環境をよくしよう

アレルギーの症状を和らげるには、代表的なものとして食事によって改善を目指す方法があります。
腸に良い成分を多く摂取することで、アレルギーに対抗することが可能です。
アレルギーは、免疫機能が過剰に働くことによって起きてしまいます。
その免疫機能が集中している部分が腸であり、免疫機能のうち半分以上が腸に集中しているといわれるほど重要な役割を担っています。
腸の中には、善玉菌・日和見菌・悪玉菌の3種類が存在しています。
このうち善玉菌が増えることによって腸内環境をよくすることが可能です。
腸内環境が整えられることで便秘などの症状の緩和が期待できますが、そのほかにもアレルギーによる症状を軽減することも期待できます。
善玉菌を多くする成分には乳酸菌があり、ヨーグルトなど乳酸菌を配合する飲み物などを多く摂取することが有効です。
ただ、即効性があるものではありません。
毎日の生活の中で長期的に乳酸菌を効率よく摂取することが重要です。
乳酸菌飲料のほかに、みそなどにも乳酸菌が含まれていますのでできるだけ毎日摂取するように心がけましょう。

Page Top