前へ
次へ

辛い花粉アレルギーの対策方法

毎年春が近づくと花粉アレルギーに悩まされます。
何も対策を講じないでいると、鼻が詰まって鼻水が出るし、くしゃみが止まらなくなって頭がボーッとしてきてしまいます。
そうなるともう仕事も家事も手が付かなくなるので、なんとか対策をしなければならないのです。
そこで、毎年行っている対策は、2月になると内科で薬を処方してもらい、薬を飲み始めるのです。
この時期が遅くなると全く効かなくなってしまうため、2月に入ったら病院にかかって薬を貰う必要があるのです。
2月中から薬をきちんと飲んでさえ入れば、鼻が詰まって頭がぼーっとしてしまうということは一応回避することが出来るのです。
薬を飲まなければ大変なことになるので、毎年予防を心がけるようにしています。
たったこれだけのことではありますが、かなり効き目はあります。
あとは、外出する時には必ずマスクを付けることを徹底し、出来るだけ人混みに出かけるのを避ければ花粉アレルギー対策はバッチリです。

助かる可能性を無駄にしない
がん先端治療であなたの命を救うことができるかもしれません

がん遺伝子治療
細胞の核の部分に行うことでがんを完治へと誘導します

豊川市 歯医者
一般歯科から義歯治療までお任せ下さい

独自の施術法で横浜にある当院は腰痛を改善いたします
独自の施術法により骨盤のバランスを改善することで自然治癒能力を向上させ、症状が改善します。

名古屋 矯正歯科
清潔で快適なインビザラインによる治療をお届けしています

家庭で行っていることの一つに、加湿器を付けるようにしています。
喉や鼻の粘膜が乾燥していると、花粉アレルギーが粘膜につきやすくなるため、加湿器で喉を湿らせておく必要があります。
家で加湿気をつけていれば、室内で乾燥することもないので、子供だけでなく大人の風邪予防にもつながって一石二鳥です。
風邪を引かないことと花粉症対策を同時に講じる事ができることから、毎年冬になると加湿器が欠かせないのです。
あとは、出来るだけ栄養のある食事を心がけ、早く就寝するようにしています。
早く就寝することで体の免疫力を高めることができ、結果的に花粉症対策にもつながるからです。
花粉の季節には無用な外出は控えるようにしていて、出来るだけ家でゆっくりと過ごすことが出来るよう心がけています。
風邪対策と花粉アレルギー対策は共通点が多いので、同時に対策を取ることができるため、積極的な対策を心がけるようにしているのです。

Page Top