前へ
次へ

辛い花粉アレルギーの対策方法

毎年春が近づくと花粉アレルギーに悩まされます。
何も対策を講じないでいると、鼻が詰まって鼻水が出るし、くしゃみが止まらなくなって頭がボーッとしてきてしまいます。
そうなるともう仕事も家事も手が付かなくなるので、なんとか対策をしなければならないのです。
そこで、毎年行っている対策は、2月になると内科で薬を処方してもらい、薬を飲み始めるのです。
この時期が遅くなると全く効かなくなってしまうため、2月に入ったら病院にかかって薬を貰う必要があるのです。
2月中から薬をきちんと飲んでさえ入れば、鼻が詰まって頭がぼーっとしてしまうということは一応回避することが出来るのです。
薬を飲まなければ大変なことになるので、毎年予防を心がけるようにしています。
たったこれだけのことではありますが、かなり効き目はあります。
あとは、外出する時には必ずマスクを付けることを徹底し、出来るだけ人混みに出かけるのを避ければ花粉アレルギー対策はバッチリです。

口腔がんの無料検診も行っています

セラミド保湿成分配合の様々な製品が購入できます
モイスチャージェルや口紅・リップクリームなど様々なセラミドケアできる製品を販売しています。

行徳で義歯・入れ歯に関する治療を任せられる歯医者
咬み合わせが良くないなどの入れ歯のトラブルも歯科技工士が常駐しているので、素早くぴったりの入れ歯の作成・微調整などをしてもらえます。

歯をできるだけ削らず治療したいなら心斎橋デンタルクリニックにお任せ
最新機材や薬剤を使った最先端の精密根管治療により出来るだけ抜歯をせず、歯が長持ちするような治療を行っております。

家庭で行っていることの一つに、加湿器を付けるようにしています。
喉や鼻の粘膜が乾燥していると、花粉アレルギーが粘膜につきやすくなるため、加湿器で喉を湿らせておく必要があります。
家で加湿気をつけていれば、室内で乾燥することもないので、子供だけでなく大人の風邪予防にもつながって一石二鳥です。
風邪を引かないことと花粉症対策を同時に講じる事ができることから、毎年冬になると加湿器が欠かせないのです。
あとは、出来るだけ栄養のある食事を心がけ、早く就寝するようにしています。
早く就寝することで体の免疫力を高めることができ、結果的に花粉症対策にもつながるからです。
花粉の季節には無用な外出は控えるようにしていて、出来るだけ家でゆっくりと過ごすことが出来るよう心がけています。
風邪対策と花粉アレルギー対策は共通点が多いので、同時に対策を取ることができるため、積極的な対策を心がけるようにしているのです。

Page Top