前へ
次へ

アレルギー性鼻炎とは一体どんな病気でしょうか

アレルギー性鼻炎とはどんな種類の病気なのでしょうか。
かかりつけのドクターに相談してみました。
ドクターの話では、人間の鼻でも、侵入してきた異物に対して、それを排除しようとする力が働きます。
これを免疫作用などと称しています。
抗原抗体反応などとも称されているようです。
具体的な例では抗原がスギ花粉です。
そして抗体反応がアレルギー性鼻炎ということになります。
この病気は非常にやっかいな病気です。
ひとたび発症するともういけません。
鼻づまりで思考力も鈍ってしまうので仕事どころではなくなるのです。
くしゃみや鼻水鼻づまりで仕事が全くできないような状態に陥ってしまいます。
こんな時には迷わず耳鼻咽喉科の検診を受けましょう。
今の耳鼻咽喉科の治療はかなり進んでいます。
昔は抗ヒスタミンという錠剤を渡されて、それを飲むことで治療をしていました。
抗ヒスタミンは全く効果がありませんでした。
最後に渡されたステロイド錠剤が極めて効果的でした。
こんなことも長い人生の中にはあります。

Page Top